よくあるご質問

RET Japanは教育の力で、脆弱な立場にある若者たちを守り、彼らのレジリエンス(困難に立ち向かう力)を育てます。しかしその他にも、もっとたくさんのことをRET Japanについて知ってもらえたらと思います。以下が、私たちのステークホルダーからよくお寄せ頂く質問です。

RET Japanについてあなたが聞いてみたいこと

なぜRET Japanが設立されたのか。

RET Japanは2015年に設立された人道支援団体、かつ東京都認証の特定へ入り活動法人(NPO)です。私たちは、世界の不安定な状況下に置かれた脆弱な若者たちを、教育の力で守ります。

私たちの関連団体であるRET Internationalは、2000年に当時国連難民高等弁務官を務めていた緒方貞子氏によりジュネーブに設立されました。RET Internationalは、その他の団体によって十分に取り組まれていない、強制移住・暴力・武力紛争・災害によって脆弱な環境下に置かれた若者たちの差し迫ったニーズと今日の人道支援の間に広がる大きなギャップの架け橋となることです。RET Japanは、RET Internationalのこれまでの経験とアプローチを土台に、緒方貞子氏のビジョンにコミットする新しいアクターとなることが期待されています。

緊急下において、国際社会は往々にして子供や大人にフォーカスをする傾向にあり、その予算を若者たちのニーズに応えるに足るだけの配分をすることなく、彼ら・彼女たちは常に優先順位の後ろに置かれてしまいます。そうした若者たちは、子供として優先をされるには年齢的にすでに越えており、一方で山積する課題を解決するための主要な役割を果たすパートナーやリーダーとしては、依然不十分と見られる傾向にあります。さらに、移住を余儀なくするような危機的状況下においては、若者たちは人道支援の対象にならないケースがままあるだけでなく、主にホストコミュニティを対象とし、難民がその対象外となりやすい開発支援のギャップにとらわれてしまう傾向にあります。こうしたことを背景に、ホストコミュニティの若者、難民やその他の強制移住を余儀なくされた若者たちは、様々なリスクにさらされる可能性に直面します。

危機のさなかにあっては、教育の機会にアクセスがない若者たちは、暴力・非合法活動・ギャングや武装組織への参加・性的虐待・強制結婚(児童結婚を含む)・人身売買といった様々なリスクにさらされます。教育は、こうした教育に立ち向かう術を与えるとともに、彼ら・彼女たちのコミュニティにとって重要な役割を担うアクターへと成長させます。

“RET”とは何を意味するのか。

RETが設立された当時、またその後の数年間においてRETは “the Foundation for Refugee Education Trust (難民教育基金)”の省略形でありましたが、今ではより現在の私たちの果たすべき役割に相応しい意味へと進化をしました(詳細はこちら)。その結果今日では、RET は、若者に対して救援と困難に立ち向かう力(Relief & Resilience)を、教育(Education)という手段を通じて、危機的状況からより安全で豊かな生活への移行期(Transition)に提供する団体という意味も持ち活動を行っています。

RET_International_Acronym_White_Text

脆弱性の高い不安定な状況における脅威からの救援(Relief)、そして困難に立ち向かうレジリエンス (Resilience)を

若者たちを、危機的な状況からより安定した平和なコミュニティへと移行するための(Transition)ソリューションに

RET Japanの法律上の位置づけとは何か。

RET Japanは2015年2月に東京都に認証された、特定非営利活動法人(NPO)です。

RET Japanは、RET International(*スイスのジュネーブ商工登録所に登録)の関連団体です。RET Japanの他にも、ボンとベルリンにはRET Germanyが、またワシントンにはRET USAが存在します。これらの組織と代表スタッフは同じマンデート、想い、そしてRET Internationalとしての組織アイデンティティを共有し業務に取り組んでいます。それぞれの組織は、RET InternationalのCEOに戦略やオペレーションに関する報告を行い、 RET International CEOはRET Internationalの理事会に報告を行います。

RET Japanの正式な認証登録以前は RET International(当時、難民教育基金)は2001年から2014年まで国連UNHCR協会を通して日本の民間団体また一般個人から支援を頂いておりました。このように、RET Japanの設立は最近ではありますが、日本とのつながりは決して新しいものではありません。

RET Japan、関連団体のRET Internationalは国連の一組織であるのか。

RET Japanの関連団体であるRET Internationalは、国連経済社会理事会に諮問機関として承認をされていますが、私たちは独立した機関であり、かつ国連組織の一部ではありません。しかしながら、RET Internationalは様々な国でUNHCRのプロジェクト実施パートナーであり、かつオペレーションパートナーでもあります。

私たちは、創設者の緒方貞子氏が当時高等弁務官を務めていたUNHCRの設立50周年を機に、強固な関係をもって誕生をしました(設立の背景はこちら)。また、UNHCRのみならず様々な国連機関(UNESCO, UNICEF, UNFPA, WFPなど)と緊密に連携をし、双方のサポートと補完的な協力を約した覚書を結んでおります。

しかしながら、私たちは常に独立性を維持しております。

RET Japanは宗教的または政治的な団体であるのか。

RETJapanは、政治や宗教に偏らない、独立し、公平な、非営利組織です。

RETJapanの主な活動とは何であるのか。

RET Japanは、世界各地の緊急下にありかつ不安定な状況において、教育を通じて脆弱な若者たちへの保護、また彼らのレジリエンスを確かなものとする、日本の人道支援団体です。RETJapanは関連団体であるRET Internationalがこれまで培ってきた経験とそのアプローチを採用します。

2015年の設立より、RET Japanは日本のみならず、アフリカ・ヨーロッパ、そして中東といった私たちが主に活動をする地域にてアドボカシー活動やRET Internationalのプロジェクトにて現場でのオペレーションを通じて成長を続けています。

さらに、RET Japanはアジア各地、特に東南アジア各国に重点を置いて、サイクロン・洪水・大地震・紛争による強制的かつ大規模な移住や若者たちや彼ら・彼女たちのコミュニティを脆弱にする状況をモニターしています。RET Japanの長期的目標は、このアジア地域においてRET Internationalがこれまで培ってきた経験やノウハウを活かして活動を広げ行くことにあります。

$(".question[data-acc-link='demo2611']").trigger("click");